タマホームの口コミ評価評判や坪単価

タマホームはローコストで標準装備をウリに全国展開しているローコストハウスメーカーです。木村拓哉がCMしているのも有名です。タマホームの一番のウリは低価格であるということで、たとえば自由設計プラン例を参考にすると施工面積が30.34坪で住宅本体価格が1,181万円ですので、坪単価38.9万円になります。これ以外にかかる費用は地盤調査・仮設・屋外立水栓工事・屋外給排水工事・雨水排水工事・下水道接続工事・屋外電気配線工事や地盤補強工事や土地購入関連費用や門塀工事や家具・電化製品やその他諸費用が発生します。なので、タマホーム住宅の最終的な坪単価は38.9万円よりは高くなります。実際にタマホーム住宅の購入を検討する場合は、一度タマホームで概算見積もりを作ってもらうと大まかな総額費用が見えてきます。

 

タマホームの口コミ評価評判

タマホームの評判を見ると契約後や契約時に間違えていましたちどんどん値上げされるややりますと言っていたことができていないなどの悪い意見も多いですが、タマホームの担当者の方が親切な人で建てて良かったという意見も多いです。

千金堂ジョーコーポレーションの口コミ評価評判や坪単価

 

千金堂は、家の本体角を1000万円と定めています。耐震性と耐久性を確保し、良質な素材と腕の確かな職人で家を建てるために必要十分な価格は1000万円、千金堂が吟味した価格です。

独自の設計企画である約600種類の「ソリッドモジュール」をあkつ要して家族構成やライフスタイルに合わせた間取りをプランニングしていく方法と自由設計の「千金フリー」の2種類の設計方法があります。

1000万円均一シリーズ:工事施工面積28~35坪、建物本体基本工事価格1000万円

坪単価にしますと28坪の場合35.7万円、35坪の場合28.5万円になります。35坪を超えた場合は面積に応じて追加料金が発生します。

 

千金道の口コミ評価評判

センスはいいけど安っぽい気がするという評判がありました。

ただ、1000万円均一という安い価格の住宅なのでハイコスト住宅と比べると安っぽくなるのはしょうがないのではないでしょうか。