ヤマダ・エスバイエルホームの口コミ評価評判や坪単価

エス・バイ・エルは木造プレハブ住宅が強みの中堅住宅メーカーです。ヤマダ電機と販売提携し、エネルギーを自ら創る、使う、蓄電する生活空間をトータル提案するスマートハウジングを提供できるようになりました。
品揃えは幅広く太陽光発電システム3.4kwや家庭用蓄電池6Kwやホームエネルギーマネジメントシステムやエコキュート&クッキングヒーターのオール電化システムや長期優良住宅や次世代省エネ仕様等のスマートハウジングが坪単価70万円~、住まい21が坪単価45万円~、スタイリッシュシリーズが坪単価41万円~、ソーラーシリーズが坪単価53万円~、住まい21平屋が坪単価66万円~、家族謳歌が坪単価63万円~、ニューオーセントが坪単価72万円~、太陽と中庭のあるすまいが坪単価67万円~、アステアが坪単価105万円~、小堀の住まいが坪単価150万円~、3階建て住宅が坪単価74万円~となっています。

 

ヤマダ・エスバイエルホームの口コミ評価評判

親切に要望を聞いた上で細かく対応してもらえたという好評が多かったです。しかし、中には担当者と折り合いが悪く、業者の態度や雑な工事にうんざりという意見もありました。

レオハウス住宅の口コミ評価評判や坪単価

レオハウス住宅は全国展開のローコスト住宅ハウスメーカーです。

特徴は、高品質でローコスト(低価格)、高断熱・子機密の省エネ構造はオール電化でカナディアンソーラー太陽光発電との相乗効果が見込めます。

耐震構造や充実の標準装備もあります。

レオハウスの坪単価は坪25.8万円~です。

この価格が実現できるかは、選択できる家の仕様を絞ることによって、建材などの大量仕入れが可能になり、そうすると直接メーカーとの取引ができる、商社とも安い金額での取引ができる、結果コストの削減ができるのです。

しかし、基本の坪単価以外に家を建築するにあたっては設備工事費用、必要経費、諸経費、追加工事費などがプラスされます。それらを含んだ実際の坪単価は坪40万円くらいにはなります。

レオハウスの口コミ評価評判

実際レオハウスで建てた方によると、ローコスト住宅なだけにデザイナーなどはいないのでおしゃれな家にしたいと思ってもハウスメーカー側からの提案はなかなか望めない。自分のセンスが必要。

営業マンは当たった人によって当たり外れがあるようです。ただそれはどんなハウスメーカーでもいえることです。ただ、ローコストなだけに一人の営業マンが抱える物件数が多いなどの弊害で対応の遅れなどがあるようです。

よい評判、悪い評判もどちらもありますが実際建てられた方は満足しておられる方が多いように思います。