Home >土地や宅地に価格を値切る方法

土地や宅地の価格を値切る方法

ローコスト住宅メーカーでマイホームを購入する時に一番初めにマイホームをどの場所に建てるかという事を決めなければなりません。まずどの場所の土地や宅地を購入するか決めないといけないのですが、購入するにあたって不動産業者が提示してくるいいなりの価格でそのまま土地や宅地を購入するとはっきり言って損です。損だという理由は簡単で売主や不動産業者は出来る限り高い価格で土地や宅地が売れた方が得をします。売主はわざわざ説明しなくても分かると思いますが不動産業者も売れた土地や宅地の価格に手数料率をかけた報酬がもらえます。よって売主と不動産業者の利害が一致しますので出来るだけ高い価格で売ろうとします。よって初めに提示される土地や宅地の価格は売主や不動産業者がこの価格で売れたらラッキーという希望価格なのです。希望価格なので当然相場より高い価格になっています。よって、初めに提示された言いなり価格で購入したら損だという事になります。

住宅ローンは利用する銀行によって金利が大幅に異なります。金利が大幅に異なると住宅ローンの支払総額が大幅に異なり、数百万円支払金利の総額が多くなるケースもあります。住宅ローン一括審査申込 を利用すると一番金利が安いローコストな住宅ローンを探す事が出来ます。一番金利が安いローコストな住宅ローンの明細書を利用する事でメインバンクの住宅ローン金利を安く引き下げてもらえるように交渉する事も出来ます。無料サービスですので是非ご利用ください。

交渉すれば値引きしてくれる

では、そうすれば損をしないのかというとまず自分が住みたいと思える土地や宅地を何か所か探します。そして第一希望以外の土地や宅地の交渉窓口になっているそれぞれの不動産業者と価格の交渉をします。交渉の仕方は簡単です。今何か所か迷っている土地や宅地があるのですが、実際にこの土地や宅地を購入するとなると価格はいくらになりますか?と聞きます。すると大抵の場合は、このぐらいの価格で紹介できると思いますと初めに提示された価格より安い価格を提示してきます。人気があるエリアで購入したいという人が多い場合は、乗ってこないかもしれませんが、その場合も粘って交渉するのではなく分かりました、また検討しますと一旦持ち帰りますと伝えて帰ります。安い価格を掲示してくれた場合もしつこく値切る交渉をせずに同じように一旦帰ります。すると不動産業者や売主が少しでも早く売りたいと思っている場合やなかなか売れずに焦っている場合は更に安い価格を提示してくれます。こちらが購入したいと思っていることを悟られない方がそっけない態度をしている方が得をするケースが多いです。異性との関係で逃げられたら追いたくなるし、追われたら逃げたくなる心境と同じだと思います。

100万円200万円安くなるのは当たり前

そして第一希望以外の土地や宅地の交渉後の価格が揃った後、第一希望の土地や宅地を扱っている不動産業者と価格を値切る交渉を始めます。交渉のテクニックはまず買い主がこの価格なら購入したいという購入希望価格を提示することから始めます。この購入希望価格は売り主や不動産業者の顔色をうかがって考える必要はありません。ちょっと安すぎるだろうと思う価格で結構です。当然、この購入希望価格は売り主や不動産業者が考える販売希望価格と大きな開きがあるのでそんな価格では無理ですと言われます。無理だと言われたらじゃあいくらなら売ってくれるのですかと値切る交渉を進めていきます。交渉の材料としてこれまでに他の土地や宅地の値引き後の価格があるのであの不動産業者はこれだけ値引きをしてくれたので誠意を感じるとか同じような場所なのにこの宅地や土地の方が坪単価が安いとか出来るだけ有利にことが運ぶように交渉します。そして最終的にお互い歩み寄って妥協できる価格で値引き交渉を成立させます。土地や宅地の価格にもよりますが100万円や200万円ぐらいの値引きは当たり前です。よって土地や宅地を購入するときは価格を値切る交渉をしないと損なので値切りまくってください。