Home >土地や宅地に価格を値切る方法 >土地売買に必要な手数料や税金や費用

土地売買に必要な手数料や税金や費用

価格を値切る値下げエピソード土地売買に必要な手数料や税金や費用

これまでのページで私がマイホームを建てる為に購入した土地や宅地の価格は値切る値下げ交渉をした結果1000万円になったと説明させていただきましたが、このページでは1000万円の土地や宅地に対して発生した手数料や税金や費用について説明します。まず、土地や宅地の売買をする時に仲介してくれる不動産業者に対する手数料が発生します。その仲介媒介手数料の計算式は土地や建物の売買価格の200万円以下の部分について5%、200万円を超えて400万円以下の部分については4%、400万円を超える部分については3%でこれらの金額を合計した額が不動産業者に対する手数料の上限額になります。私の場合は1000万円の土地や宅地の購入に対して不動産業者に仲介媒介手数料として378000円支払いました。この不動産業者は売主からも同じ額の手数料をもらっていたので一回の売買で700000円以上の利益が出るので不動産業者は儲かる仕事だなと思いました。

10000万円の土地に対して60万円の費用

この不動産業業者に対する手数料以外に登録免許税や不動産収得税や固定資産税精算金等が発生します。まず、登録免許税について土地や宅地等の不動産を取得すると所有権の保存や移転登記が必要となりその時に登録免許税が発生します。移転登記の税額は固定資産税×20/100で導き出されます。その他、登記の手続きは司法書士に依頼しますので司法書士の手間に対する報酬が発生します。次に不動産収得税ですが、土地や宅地を購入した時に発生する税金になります。計算式は固定資産税評価額×4/100で導き出されます。この不動産収得税は土地や宅地の取得後数ヶ月に県税事務所から納税通知書が送付されます。私が土地や宅地を購入した時に実際に発生した司法書士に対する登記費用が15000円、司法書士が保存登記や移転登記をした時に発生する登録免許税が120200円、7月の売買が成立しましたので売主がすでに支払っている固定資産税の清算金として62130円、県税事務所から納税通知書が送付されてその中に記載されていた不動産取得税が17300円となり、私がマイホームを建てる為に購入した1000万円の土地や宅地に対して592630円の手数料や税金や費用が発生しました。土地や宅地の売買価格以外に結構な資金が必要だという事が分かります。