Home >ローコスト住宅の契約書の坪単価や価格

ローコスト住宅の契約書の坪単価や価格

ローコスト住宅メーカーの坪単価等価格は広告や宣伝で20万円や30万円や40万円と紹介されていますが、実際にマイホームを建てる場合それ以上の坪単価になってしまいます。よって単純に坪単価が25万円だから40坪の家は1000万円とか30万円で30坪の家は900万円という計算は成り立たないという事が分かります。マイホームを購入するときに大まかな予算や総額が分からないと計画が立てられないと思いますので私が利用したローコスト住宅メーカーの契約書で交わした坪単価や価格や総額を紹介します。皆さんのマイホーム購入の予算計画にお役立て下さい。

※安い価格で満足できる家を建てるために何が必要だと思いますか?私が一番重要だと思うことはたくさんの情報を集めることです。たくさんの住宅メーカーや工務店から資料を集めて、間取りや設備や機能等を比較し、自分が気に入るものを取り入れることによって素晴らしい家を作ることが出来ます。この手間を省いてしまいますといざ生活をしだしてここが不便だとかこういう設備があったらよかったと後悔することになります。そのような残念な事(後悔しても後の祭りです)にならないように多くの情報を集めて研究することが必要です。家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】 は1000社以上の住宅メーカーや工務店から条件にあった会社の資料を無料で一括請求できるサービス(1社1社資料請求すると多くの時間がかかりますし、無料ということも非常にありがたい事です。)です。この資料を利用して各社の坪単価等の比較も出来るのでローコスト住宅メーカー選びの重要な参考資料にもなります。多くの情報を集めて、ローコストで自分好みの満足できるマイホームを作ってください。

広告や宣伝の坪単価等価格は28万円でしたが

私が利用したローコスト住宅メーカーは坪単価28万円と紹介されていました。私が購入したマイホームの坪数が42.4坪でしたので×283,809円で計算すると12.033.501円になりますが当然これだけの安いローコストな費用でマイホームは購入できませんでした。ではその他にどのような費用が必要であったのかというとまず標準外工事費用が1.655.268円必要でした。これには標準外設計工事や構造変更工事が含まれます。私の場合は長期優良住宅にしましたのでその分この費用が高くなったと思います。付帯設備工事費用も1.332.000円必要でした。これには仮設費用や屋外給排水工事や外水道設置工事や雨水排水工事や屋外電気工事が含まれるのですがこれらの費用はマイホームを建てる為に絶対に必要な費用になります。必要経費として995.520円必要でした。これには地質調査料や基本図面作成料や設計管理料や瑕疵保証やオール電化対応や諸検査費用や住宅省エネラベル適合評価費用や長期優良申請サポート料や設計評価手数料含まれます。

契約書の1坪当たりの坪単価は最終的に45万円に

諸費用として2.004.825円必要でした。これには安全対策費や産廃処理費や事務費等が含まれます。消費税と追加工事費が1.437.553円必要でした。これらを合計した19.458.667円が私が利用したローコスト住宅メーカーでマイホームを建てる為に必要だった費用になります。この合計から実際に坪単価を導き出すと19.458.667円÷42.4坪で一坪当たりの単価が458.930円となります。よって私が利用したローコスト住宅メーカーで紹介や宣伝されている28万円の坪単価等ローコストな価格でマイホームは購入出来ないという事が分かります。ローコスト住宅メーカーなのに結構お金が高いなと感じた方も多いと思いますがこれで驚いていたらローコスト住宅メーカーでもマイホームを購入することは出来ません。このほかに土地や宅地購入や住宅ローンや外構工事やオプション工事や火災保険や引越し等建物以外に必要な費用が必要になります。これらの費用については次のページで紹介しますが思っている以上に多くの費用が」必要になると思いますので驚かないように心の準備をしてください。