Home >ローコスト住宅の契約書の坪単価や価格 >オプションカーテンの価格や費用

オプションカーテンの価格や費用

ローコスト住宅メーカーでオプションの標準外工事やスイッチやライトやクロスを選んだら次はオプションカーテンを検討しなければなりません。カーテンはカーテンショップやホームセンターのニトリ等でも購入する事が出来ます。カーテンなんて安いから何処で購入してもそんなに価格や費用は変わらないなんて甘く考えないでください。カーテンの価格は本当にピンからキリで一軒家となるとカーテンの設置場所も多いので総額は数十万円に上ります。高級住宅メーカーは知りませんがローコスト住宅メーカーではカーテンレールはオプション工事になっているケースが多いので必要な価格や費用の総額はカーテンレールも含めて考えないといけないという事になります。私の場合は、当初ニトリや西村ジョイやナフコやコーナン等のホームセンターでカーテンを購入すればいいかなと考えていたのですが、カーテンを考える時期にローコスト住宅メーカーの従業員からうちはカーテン工場から直接購入していますのでホームセンターで購入するよりも価格や費用が安いですよと言われてどうしようか悩みましたがこれからホームセンターを回って自分で家に合うカーテンを探して見積書を取ってそれを比較する作業を考えたら手間がかかると思ったのでそのローコスト住宅メーカーの従業員の言葉を信じてオプション工事でカーテンを頼むことにしました。
※火災保険や地震保険も真剣に選んでいますか?そろそろカーテンだけでなく火災保険や地震保険を検討しなければならない時期だと思いますがカーテン以上に大きなお金がかかる買い物になります。各損害保険会社の保険料率も異なりますし、マイホームの大きさや設備や構造によっても火災保険料や地震保険料が変動します。 よって具体的な条件に当てはめて見積書を取得しないと火災保険料や地震保険料の比較は出来ません。火災保険一括見積もり依頼サイト 「火災保険」必要最小限の補償で適正にお見積【価格.com 保険】 は各損害保険会社に火災保険や地震保険の見積書を一括で請求できる無料サービスです。一括手続きなので全く手間もかかりませんので是非このサービスを利用して一番保険料が安いお得でローコストな損害保険会社を探してみてましょう。 保険は補償内容が同じなので出来るだけ安い方がお得です。

合うカーテンを具体的にアドバイス

ローコスト住宅メーカーのオプションカーテン工事は下請け業者が担当してくれることになりましたが、大きなメリットは新築した自宅の内装や構造を良く知っているのでどのようなカーテンが合うか具体的にアドバイスしてくれる所でした。例えば縦型のブラインドのカーテンを設置したいのだがその様なタイプがいいですかとか?この場所は布生地のカーテンを設置したいのですがというような感じで質問すると適切な答えが返ってきたり、それよりもこのタイプのカーテンが合いますよとアドバイスしてくれます。こういう面は非常に助かったと思いますし、スムーズにカーテンを選ぶことが出来ました。ですのでローコスト住宅メーカーでオプションカーテン工事を依頼するメリットは大きいと思います。ただ、私が利用したオプションカーテン工事の総額は約30万円となり私が思ったよりも価格や費用が高かったのでもし時間があり出来るだけ安いローコストな価格でカーテンを設置したい方は事前にニトリ等のホームセンターでカーテンやレールの設置価格が分かる見積書を取得しておいた方が良いと思います。

オプションカーテンの総額

私の自宅は床面積が42坪の5LDKです。そこで利用したオプションカーテンやカーテンレールの価格や費用の明細はLDKの掃き出しが縦型ブラインドで33040円、洋室1の腰窓がドレープで12191円、レースで9334円、洋室2の小窓がWシェード前幕で16191円、洋室2の腰窓がドレープで12191円、レースで9334円、洋室3の小窓がWシェード前幕で16191円、洋室3の小窓がWシェード前幕で16191円、洋室3の小窓がWシェード前幕で16191円、洋室4の掃き出しがドレープで2667円、レースで2667円、洋室4の腰窓がドレープで2667円、レースで2667円、2F廊下の小窓がWシェード前幕で9523円、ウォークインクローゼットがドレープで8477円、レースで5620円、洗面がRスクリーンで33000円、LDKがRスクリーンで18150円、1F廊下がRスクリーンで35325円、取り付け費が21336円、消費税が当時5%で14147円、合計で297100円となりました。カーテンもばかにならない費用が発生するので出来るだけ安いローコストな価格で購入するためにはホームセンターやカーテン屋で見積書を取得して比較することをお勧めします。