Home >上棟式の祝儀やお祝い

上棟式の祝儀やお祝い

地鎮祭が終了したら次は上棟式です。上棟式は新しいマイホームへの祝福や住宅を建てる大工等へのねぎらいやマイホームが無事に完成することを祈願する儀式です。昔は神主に依頼して上棟式を行っていましたが、最近は大工の棟梁等が略式で行う事が多いようです。上棟式も地鎮祭と同じく吉日に行う事が多いようです。上棟式の祝儀やお礼は、現場を取りまとめる棟梁に2万円程度で、他の関係者には5千円程度とするのが一般的です。祝儀やお礼を渡すタイミングは上等式の後で棟梁にまとめて渡します。上棟式については、ローコスト住宅メーカーがほとんど用意してくれますから、建てぬしはお神酒や米や塩と水と儀式後の宴会用に料理やお酒、折つめなどを用意します。私が実際にローコスト住宅メーカーでマイホームを建てた時は上棟式をするのかしないのか聞かれたので面倒くさいし余分なお金も節約したかったのでしないと答えました。建て主がしないと答えた場合は全く上棟式をしないのではなく現場で工事関係者のみで簡素化した式を行うようです。工事関係者だけで略式で上棟式を行うのでなにもしなくていいのかなと思いましたが一応聞いとくのがマナーだと思いましたので現場監督に何か用意するものが必要か確認すると当日13人作業員が来るのでその人数分の弁当とジュースを用意してほしいといわれました。祝儀やお祝いについては何も言われなかったのですが、気持ちだけと一人2千円ずつ包んでジュース代として弁当やジュースと一緒に渡しました。弁当は近所でおいしいと評判のかつ丼屋でかつ丼を購入して手渡しました。かつ丼は一人当たり700円程度でした。上棟式が終わった後、クレーン車等が来て大がかりな工事に取り掛かっていましたが、前日まで基礎しかなかったのにその日の夕方には骨組みまで出なく屋根や壁まで取り付けられてたのは驚きでした。ローコスト住宅メーカーの工期の短さの秘訣はこのようなところにあるんでしょうね。