Home >住宅ローンを安い金利で借りる方法

住宅ローンを安い金利で借りる方法

住宅ローンを銀行等から出来るだけ安い金利で借りる方法について紹介します。ローコスト住宅を購入する場合でも土地と建物を合わせると安くても1500万円以上から2000万必要になりますのでほとんどの方が銀行等から住宅ローンの借り入れを利用します。そしてほとんどの方が給与振り込みや公共料金の引き落としがあるメインバンクを利用します。メインバンクを利用すると取引の状況によって金利が優遇されるメリットがあるので何の疑問も持たずにメインバンクを利用する方が多いです。ただ、メインバンクを利用するこの方法が銀行から一番安い条件で住宅ローンを借りれる方法かというとそうではありません。世の中にはもっと安い金利でローコストな住宅ローンを貸してくれる銀行があります。その銀行はネットバンクです。

ネット銀行に住宅ローンの一括申し込み

店舗も持たずに営業員も持ちませんので店舗にかかる費用や営業員にかかる給与や給料が必要ないのでその分住宅ローン金利を安くしても銀行の利益を確保できます。そういう理由からネット銀行の方がメイバンクを利用するよりも安い金利で住宅ローンを借り入れる事が出来ます。住宅ローン一括審査申込 は一括でしかも無料でネット銀行を中心に住宅ローンを申し込めるサービスです。住宅ローンは審査が通らないケースも多いので一括で審査を申し込んで審査が通った銀行の中から一番金利等の条件がよい銀行の住宅ローンを利用する方法が一番賢い方法だと思います。住宅ローンは金利が0.1%高いだけで数十万円の金利負担の差につながりますので絶対に金利が安い住宅ローンを利用した方がお得です。

メインバンクの金利を引き下げる方法

ただ、中にはメインバンクの銀行じゃないと担当者に申し訳ないからとか給料が振り込まれたあと他の金融機関に住宅ローンの支払いに必要なお金を振り込む手続きが面倒くさいからと考えられる方もいると思いますのが、その場合でもメインバンクを利用する方法でしかも一番安い金利でローコストな住宅ローンを借りる方法があります。その方法はというと先ほど紹介したネット銀行を中心にした住宅ローン一括審査申し込みを利用して審査が通った銀行の住宅ローン金利をメインバンクの営業員や支店長や次長等にお宅の方が金利が高いからネット銀行を利用して住宅ローンを借りようと思っているとささやくだけでOKです。実際に審査が通ったネット銀行の書面を見せながらささやくのが一番効果的です。メインバンクも少々金利が安くても借りてくれた方が得なのですぐ本部へ金利引き下げの稟議を書いて少なくともネット銀行と同じ金利まで金利を引き下げてくれます。この話はある地方銀行の支店長から教えてもらいましたので本当の話です。たったこれだけの手間で一番安い金利の住宅ローンを利用できるので是非手間を惜しまず一番安い金利の住宅ローンを利用できるように努力しましょう。数百万円も多く金利を負担するなんて絶対に損です。