Home >ローコスト住宅を値切る値引き交渉

ローコスト住宅を値切る値引き交渉

ローコスト住宅メーカーでマイホームを購入するとしても大抵は1000万円以上の費用や資金やお金が必要になりますので同じ家を購入するのであれば誰でも出来るだけ安い価格で購入したいと思うはずです。では、出来るだけ安くローコスト住宅を購入したい方はどうすればいいのかというと価格や坪単価を値切る値引き値下げ交渉をすればいいだけです。何だそんなことか。簡単だねと思う方も多いと思いますが、何の準備もせずにただ単に安くして下さいよと訴えかけても無理ですと言われて交渉が終了してしまいます。では、どういう交渉をしたらいいのかというとまず出来るだけ多くのローコスト住宅メーカーや工務店やハウスメーカーの資料や見積書を集めてください。一社一社訪問したり電話をかけて資料や見積書を依頼するのは大変手間がかかりますので家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】 複数の工務店へ間取り作成・見積りを一括依頼「間取り作成依頼サービス」 の2つの一括無料で見積書や資料が請求できるサービスを利用すると簡単に集めることが出来ると思います。一括で申し込めますので本当に簡単に必要な情報を手に入れることが出来ます。

出来るだけ多くの資料や見積書を集める

これらの情報や自分で訪問したり電話して取得した見積書や資料を比較して自分の気に入るローコスト住宅メーカーを絞っていきます。そして絞ったローコスト住宅メーカーと話を進めて、ある程度間取り図面が固まった時点で見積書を依頼します。この時点で大体どのローコスト住宅メーカーで家を購入する決まっていると思いますのでその住宅メーカーと比較して安い住宅メーカーがあればその見積書を持って行って出来れば御社で契約したいと思っていますが、他社の方が価格や坪単価の総額がローコストで安いのでこのままだと他社に決めざるを得ない。この価格より安い価格になりませんか?と値引き値切り値下げ交渉をします。こういえばローコスト住宅メーカーもちょっとの価格の差で他社に契約を持っていかれるのは損なので大抵のケースで坪単価や価格の値下げが実現します。坪単価や価格を安く出来ない場合でもオプション等のサービスを無料で付けてくれる事もあります。では、取得した見積書の価格が一番安い場合はどうすればいいのかというとそのまま正直にローコスト住宅メーカーに一番見積書が安かったと正直に伝えてしまうと値引き値切り値下げ交渉が失敗してしまいますので絶対に伝えてはいけません。こういう時は今正直な話(具体的な会社の名前を挙げて)他社にするか御社にするか迷っている。もし御社がもう少し価格や坪単価を下げてくれたら契約するのですがと伝えます。こう伝えると相手のローコスト住宅メーカーも価格を下げたら契約が取れると思いますので大抵の場合、価格を下げてきます。

※ローコスト住宅だけでなく住宅ローンの金利も値切る値引き交渉が出来ます。厳密にいうと交渉をするのではなく出来るだけ金利が安く支払総額が少ない住宅ローンを選ぶという事です。住宅ローン一括審査申込 はネット銀行や大手金融機関に住宅ローンを一括申込みできる便利でお得なサービスです。手数料等諸費用込の総支払額で比較できるのでどの住宅ローンが一番お得か一目で分かります。審査が通った住宅ローンの中で一番総支払額が少ない銀行を選ぶだけで無駄な金利が削減できるのでローコスト住宅を検討されている方は絶対に利用した方がお得です。

交渉するタイミングは絶対に契約前

では、数社に絞ったどのローコスト住宅メーカーでも良い場合はどうすればいいのかというとこの数社すべてに最終的に価格や坪単価の総額が一番安いローコスト住宅メーカーに決めようと思っていると伝えて値引きが入った再見積もりを依頼します。そして最終的に出てきた一番安い価格や坪単価の見積書を出したローコスト住宅メーカーと契約するという方法もあります。それと値引き値切り値下げ交渉をする上でお金にこだわる必要はないと思います。大手ローコスト住宅メーカー(タマホームやレオハウスやアエラホームやユニバーサルホームやアイフルホームやアキュラホームやエスバイエル等々)の中にはお金での値引きや値下げを一切やらないメーカーがあります。そういうローコスト住宅メーカーに対して金銭的な値引き交渉をしても時間の無駄です。では、その様なローコスト住宅メーカーと契約をする場合は値引きをあきらめるしかないのかというとそんなことはありません。そういう場合は、エアコンやカーテンや家電製品等のオプション設備や備品のサービスをして下さいと伝えればいいのです。金銭的な値引きや値下げをしないローコスト住宅メーカーもこの手のサービスは契約を取る為に結構やってくれます。それと値切り値引き値下げ交渉をする上で気をつけないといけないことは交渉をするタイミングです。契約をした後でどれだけ交渉しても釣った魚に餌をやらないのと同じで全く相手にしてくれません。他社に契約をされるかもしれないという危機感がある契約前に値引き値切り値下げ交渉をする事が必要です。