Home >住宅ローンの借り入れ総額の決定方法

住宅ローンの借り入れ総額の決定方法

ローコスト住宅メーカーからマイホームを購入するときに大半の方が銀行から住宅ローンやフラット35を借り入れします。そして大まかなマイホーム購入に必要な資金の総額や土地や宅地の価格が分かったローコスト住宅メーカーと契約をする段階で銀行等に住宅ローンやフラット35の申し込みをする事になります。よってマイホームを建てるスケジュールの中ではかなり早い段階で住宅ローンの借り入れ総額を決定する事になります。ここで一番気を付けないとあとで資金が足りずに大変な事になるのが住宅ローンの借り入れ総額なのですが、単純に土地や宅地の価格とローコスト住宅メーカーと契約をした価格の合計額を借り入れ総額として申し込んでしまうと本当に大変な事になります。資金が現金で手元に500万円以上あるのであればギリギリ何とかなりますし、1000万円以上あるのであれば全く心配する必要はないと思うのですが、それ以下の方は気を付けなければなりません。

※住宅ローンは少し金利が高いだけでも最終的な支払額が数百万円高くなることがあります。よって何も考えずにローコスト住宅メーカーの住宅ローンや取引があるメインバンクの住宅ローンを利用すると支払総額が多くなり損をすることがあります。この様な損をしない為に一番金利が安い住宅ローンを探すことが必要になります。住宅ローン一括審査申込 を利用すると一括で住宅ローンの申し込みが出来ます(1社1社申し込むと非常に時間がかかり手間なので便利なサービスです。)。主に金利が安いネットバンク に一括でしかも無料で住宅ローンの申し込みが出来ることも非常にありがたいことです。申し込んだあとは審査が通った銀行の住宅ローン金利を比較することによって一番有利なローコストな住宅ローンを探すことが出来ます。借りる銀行が違うだけで金利負担が多くなるのは絶対に損ですので、住宅ローン金利を比較して一番金利が安い住宅ローンを利用しましょう。注:住宅ローンは審査が通らずに大慌てするケースもあるので早めに手続きをした方が安心です。

手元資金がギリギリだと大変な事に

その理由を簡単に説明するとまず一つ目が、ローコスト住宅メーカーとマイホーム購入に関する契約を交わしますが契約書を交わした後工事開始からマイホームを引き渡すまでには追加工事が発生して契約変更を行う事になります。追加工事なんてしなければいいなんて考える方もいると思いますが当初の契約に入っていないが生活する為に必要な設備も追加工事で入って来ることになりますので建売住宅で完成したマイホームを購入するのではなく自由設計で設計からマイホームを作っていくケースではほぼ確実に追加工事が発生します。オプションのクロスやスイッチやライト等の追加工事やカーテン工事や外構工事等の費用や地鎮祭や上棟式の費用等当初ローコスト住宅メーカーとの契約書に入っていない費用が必用になります。その他にも土地や宅地を購入した時に発生する不動産業者に対する売買仲介手数料や不動産収得税や登記費用、住宅ローンのつなぎ融資の金利や手数料や住宅ローンの手数料や保証料、テレビや冷蔵庫やエアコン等の家電製品や食卓やタンス等の家具、引っ越し費用等が発生します。これらもろもろを合わせるとかなり大きい費用になります。

余裕を持った借り入れ総額を決定する

私の場合はこれらの費用が総額で600万円程度必要でした。かなり余裕をもって資金を用意していたつもりでしたが外構工事を考える段階でもしかしたら費用がたらずに外構工事はいったん中止して資金が溜まってからになるかもしれないと心配していました。最終的に外構工事費も何とか捻出できたので引き渡し後入居する時に外構工事も完了していました。よって生活しだした後、外構工事をすると言う面倒くさい事にならなくて良かったと思っています。それと一般的に銀行からの住宅ローンの借り入れ総額は一般的に奥さん等の住宅ローンを一緒に支払う保証人も含めた年収の5倍以内と言われていますが借り入れ年数や金利や自分の年収や家族と合わせた年収の位置によって異なってきますので住宅ローンの借り入れの総額は自分の今の収入や年収や給与や給料から考えて安全に支払う事が出来るかどうかという事を念頭に置いて考える事が必要です。無理をすると支払い不能になって折角購入したマイホームを手放すことになりますので少し余裕を持った借り入れ総額を決定することが必要です。