Home > 住宅ローン借り入れ総額の決定方法 > 住宅ローンの支払額の目安と借入期間

住宅ローンの支払額の目安と借入期間

支払額の目安と借入期間固定金利変動金利のメリットデメリット

住宅ローンの借入期間は最大35年となっています。住宅ローンの完済時の最高年齢が80歳となっていますが民間銀行の住宅ローンはそれよりも低い年齢で設定されていることが多いようです。ですので年齢50歳の方が自分だけで住宅ローンを組もうと思ったら最大借入期間が30年となります。借りれるだけ長く借りたらいいやと思う方もいるかもしれませんが、80歳まで現在の収入や年収を維持できる方はほとんどいないと思いますので、自分がどの年齢まで住宅ローンを支払えるかということを考えて借入期間を決定しなければなりません。最近、会社の定年年齢を65歳に継続雇用制度が70歳までに引き上げる企業が増えつつあるのであるのでそのことを踏まえて実際は70歳ぐらいまでが上限となるのではないかと思います。企業の定年年齢や継続雇用制度の年齢が引き上げられても60歳を超えたら年収が大幅に下がる企業もあるので自分が勤める会社の給与形態を良く調べておく事も必要です。60歳になったら給与や給料がガクッと下がり住宅ローンが払えないという様なことがない様にしましょう。それと逆に現在の収入では70歳までの住宅ローンだと毎月の支払いが払えない。80歳なら払えるのでという方は恐らく住宅ローンを借りてマイホームを購入しない方がいいと思うのですが、それでもどうしても一生に一度マイホームを購入したいという方は80歳まで住宅ローンを支払い続けるというリスクを踏まえたうえで出来る限り住宅費の総額を抑える方向で、出来る限り住宅ローンの借り入れ総額を減らすことを考えて家つくりを行ってください。退職金がある企業にお勤めの方は退職時にどれだけ住宅ローンの支払いに充てる事が出来るのか考える事が出来るので退職時に住宅ローンの残高がその額になるように住宅ローンを設定する事が出来ます。ですので退職金で返済する額の分住宅ローンの返済期間を長く設定する事になります。

※マイホームを出来る限り安く購入したいと各ローコスト住宅メーカーの坪単価等価格を比較する人は多いと思いますが、住宅ローン金利を低くしたいと各銀行の金利を比較する人それほど多くないのではないでしょうか?ローコスト住宅メーカーを比較する理由は家を安く購入すると数百万円負担が少なくなると考えからでしょうが、住宅ローンも低金利の銀行を利用することによって数百万円負担が少なくなるがあります。よってお得なローコストな住宅ローンを利用する為に真剣に銀行選びをしないといけないということが分かります。住宅ローン一括審査申込 は ネット銀行を中心に住宅ローンの一括無料申し込みが出来るサービス(一括申し込み出来るのでそれぞれ銀行に申し込む手間が省けて便利です)です。この一括申し込みで審査が通った銀行と自分が給料振込み等で利用しているメインバンクとローコスト住宅メーカーが紹介してくれるローン会社の金利を比較する事によって一番メリットが大きいローコストな住宅ローンを選ぶことが出来ます。お金を借りる銀行が違うだけで数百万円も多くお金を支払うことは損なので真剣に住宅ローンを借りる銀行選びをしましょう。私の予想ではこのサービスを利用して審査が通った銀行の住宅ローン金利が一番安いと思います。尚、住宅ローンは審査が通らないと利用できません。審査が通らずに家やマイホームが着工出来ないと言う事もあるので住宅ローンの手続きは早めにした方が安全です。

住宅ローンの返済額は年収の30%以内に

住宅ローンの毎月の返済額は大体年収の30%以内に抑える事をお勧めします。年収400万円の方であれば120万円、600万円の方であれば180万円、1000万円の方であれば300万円となります。ただこれはあくまで目安という事になりますので実際は現在の家計の収入と支払いのバランスを考えて検討する事になります。それと住宅ローンの毎月の支払額を払えるギリギリに設定して住宅ローンの借入期間を短くしようと考える方も多いのですがこれは全くお勧めできません。家計の金利負担を減らし出来るだけ住宅ローンの支払総額を減らそうと考えているのだと思いますが、これは本当にリスクが高いので絶対にやってはいけません。その理由は景気の変動で賞与が減額されて当てにしていたお金が入らないという事もありますし、病気で入院して収入が途絶えて住宅ローンが支払えないという事もありえます。この時に余裕資金があればそのお金でしばらくの間しのぐ事が出来るので出来るだけ住宅ローンの返済計画は余裕を持った考える事をお勧めします。それだと不要な金利を多く払うから損だと思う方も多いと思います。そういう方は溜まったお金で繰り上げ返済をすれば無駄な金利負担も少なく抑える事が出来るしリスクも低く抑える事が出来るので住宅ローンの借り入れは余裕を持った返済計画を立てて繰り上げ返済を有効に活用する方法をお勧めします。