Home > 住宅ローン借り入れ総額の決定方法 > 固定金利変動金利のメリットデメリット

固定金利変動金利のメリットデメリット

支払額の目安と借入期間固定金利変動金利のメリットデメリット

住宅ローンの金利は大きく分けて全期間固定金利と10年や5年や3年の一定期間固定金利と変動金利の3種類に分けられます。全期間固定金利の住宅ローンはその名の通り銀行等から借り入れた当初の金利が数十年後の完済まで固定されます。一定期間固定金利の住宅ローンは銀行に申し込んだ一定期間の金利が固定されます。その一定期間が過ぎた後は変動金利にするかまた一定期間固定金利にするかを決定してその時の金利が適用されます。変動金利の住宅ローンはその時々の金利が適用されてるので毎月金利が変動する可能性があります。

住宅ローンの種類によってリスクが異なる

全期間固定金利の住宅ローンのメリットは住宅ローンを利用している全ての期間の金利が固定されているので完済までの支払総額が変動することがありませんので金利が大幅に上昇して住宅ローンの毎月の支払額が増えて住宅ローンが支払えないという事がありません。デメリットは金利の変動が無いので金利が下がってきてもその効果を享受できません。ですので住宅ローンの支払総額が減る事がありません。一定期間固定金利のメリットは10年間や5年間や3年間等の決めた期間の住宅ローン金利が固定されるのでその間金利が上昇しても固定された金利が適用されるのでその期間は毎月の住宅ローンの支払い額が増える事がない事です。デメリットは住宅ローン金利が下がった時に固定期間が終了するまで金利が下がらないことや固定期間終了時に金利が大幅に上昇していても大幅に上昇した金利を利用するしか方法がない事です。よって予定外に金利が上昇した時は住宅ローンが支払い不能になってマイホームが債権として取り上げられることがあります。変動金利の住宅ローンのメリットは金利が下がった時に同じように住宅ローン金利が低下するので住宅ローンの支払額が減る事です。逆に変動金利のデメリットは住宅ローンの金利が上昇した時にダイレクトに金利が上昇する事です。よって変動金利のまま予定がいに金利が上昇した時は住宅ローンの支払いが不能になる可能性があります。このように住宅ローンの金利の種類によってメリットやデメリットが異なるのでよく考えたうえで自分はどのタイプの住宅ローンを利用するか決定してください。