Home >ローコスト住宅の問題点や注意点

ローコスト住宅の問題点や注意点

ローコスト住宅で満足できる家が建てれると説明しましたが、このページではこれらローコスト住宅メーカーやハウスメーカーを利用して家を建てるときの問題点や注意点を紹介します。まず、広告やホームページ等で坪単価等を20万円とか30万円とか40万円等のように安い価格で紹介していますが、この坪単価に建てる家の建物の床面積を掛けた価格で家やマイホームを建てる事が出来ると思っていたら大間違いです。よくあるのが坪単価は建物本体工事費だけで付帯設備工事費や必要経費や諸費用が別建てでこれらの経費を含むとあっという間に坪単価が10万円程度高くなります。家を建てる為に絶対に必要な経費なのに坪単価に含まれないなんておかしいと思うのですがこういう事が当たり前になっています。その他にも標準装備だけだと物足りないという事でいろいろなオプション工事を追加するとその分高くなります。外構工事も当然オプション工事です。ですのでローコスト住宅メーカーを比較するときに単純に坪単価を比較するだけではどのローコスト住宅メーカーが価格的にメリットがあるか判断できないという事が分かります。きっちり比較して選ぶためにはある程度同じ基準で作った見積書を比較することが必要です。

シンプルな外観や間取りが多い

それと家の形をこだわらない方だといいのですが、こだわりたい方にはかなり物足りないと思います。前のページでも説明しましたが、ローコスト住宅は価格を安くするために自由設計といいながらも効率的に工事がしやすい正方形や長方形の設計が多いので複雑な間取りや外観の設計には対応してくれないことが多いです。その他、規格住宅で定められた設計図の中から選ばないといけないケースや建売住宅しか扱っていないケースもあります。従業員の質が高級住宅メーカーの従業員と比較して低いという事も理解しとかなければなりません。ローコスト住宅を実現する為に従業員の給与や給料や年収は高級住宅メーカーを比べて当然低く抑えられています。年収で比較すると2倍以上もしかしたら3倍以上かもしれません。ですので高級住宅メーカーと比べて従業員の質が低くなるのはある意味しょうがないので高級住宅メーカーと比べて対応が悪いのはある程度受け入れることが必要です。そういう大きい気持ちを持っていないと不満が募ってこんなローコスト住宅を販売する会社で家を購入しなかったらよかったと後悔することになります。

悪質な悪徳業者に引っかからない為に

キッチンや洗面台やお風呂やトイレや建材等の選択肢が少ないこともローコスト住宅の特徴の一つです。設備や材料を大量発注することで安い価格で仕入れる事に成功していますので建材や設備等の選択肢が少ないことはある意味しょうがない事です。そして一番困るのが低価格やローコストなゆえにいい加減な質の悪い手抜き工事をしたり不良な建材等の材料を利用して家を作る悪質な悪徳業者を利用してしまうことです。タマホームやレオハウスやアキュラホーム等の大手ローコスト住宅メーカーであればある程度誠実な工事をしてくれるので安心できるのですが地元の中小工務店であれば、きっちりその会社の口コミや評価や評判を調べた上で検討しないとマイホームを購入したが欠陥だらけと悲惨な状況になって後悔してしまうケースがあります。家は大半の方が一生に一度の大きな買い物になるのでこれらの問題点や注意点を真剣に考えて購入するローコスト住宅メーカーを決定した方が安心できます。