Home >マイナス金利の住宅ローンで購入のメリット大

マイナス金利の住宅ローンで購入のメリット大

日本銀行が初めて導入したマイナス金利は金融機関が日銀に預けるお金から金利を取る事で金融機関が損失を防ぐために企業融資等に積極的に取り組ませて日本経済の景気を上向かせようという政策ですが、この政策のおかげでローコスト住宅を購入予定者はこれまでにない最低金利で住宅ローンを利用出来るようになりました。数年前に2%から3%台だった全期間固定金利のフラット35の金利も20年以下では一時期1%以下の金利で住宅ローンの借り換えが急増しています。そしてこのマイナス金利の恩恵はすでに住宅ローンを利用している方だけでなくこれから住宅ローンを組むローコスト住宅購入予定者が大きな恩恵を受ける事になります。具体的に説明すると土地と建物で3000万円のローコスト住宅を購入し、35年3000万円の住宅ローンを組んだ場合、金利が1%の場合だと金利負担が550万円になります。そして2%だと1200万円になります。これが3%だと1850万円になります。金利が1%異なるだけで650万円金利負担が増えます。2%だと1300万円です。はっきり言って都会でなければローコスト住宅を建てる土地が買えるお金です。そう考えると景気が良くなって土地の価格が高くなっているからとか資材や職人の工賃が高くなっているのでローコスト住宅の価格が高くなっているから今マイホームを購入するのは損だという話をよく聞きますが本当に損なのかよく考えて決断をしてほしいと思っています。例えば土地の価格が数年前から比較すると100万円高くなっているからと言っても逆に住宅ローンは1%以上金利が下がっているので650万円以上金利負担が少なくなっています。例えば極端な話、ローコスト住宅が500万円高くなっていたとしても同じく金利負担が650万円以上少なくなっていますので絶対に今購入した方がお得です。そういう目で見るとマイナス金利の今、ローコスト住宅購入のチャンスなのでこのメリットを大いに生かした方が絶対にお得です。
住宅ローン一括審査申込 はネット銀行や大手金融機関に住宅ローンを一括申込みできる便利でお得なサービスです。手数料等諸費用込の総支払額で比較できるのでどの住宅ローンが一番金利負担が少なくお得か一目で分かります。審査が通った住宅ローンの中で一番総支払額が少ない銀行を選ぶだけで無駄な金利が削減できるのでローコスト住宅を検討されている方は是非利用しましょう。
※全期間固定金利のフラット35を利用したいローコスト住宅購入予定の方は楽天銀行住宅ローン【フラット35】 を利用しましょう。業界最低金利でフラット35を利用する事が出来ます。