Home >ローコスト住宅の価格が安い訳や理由

ローコスト住宅の価格が安い訳や理由

何故ローコスト住宅の価格が安いのか訳や理由を知りたい方も多いと思いますのでこのページで説明させていただきます。まずローコスト住宅の特徴として工期が短いという事が挙げられます。工期が短ければ工事に関わる大工や監督等の人件費が少なく済みます。人件費が少ないと経費が少なくなるので当然住宅価格は安くなります。この工期が短くなる工夫として躯体の木材を自社の工場でミリ単位で加工して、上棟式の日に大人数の大工を投入して大型重機を投入して一日で躯体だけでなく屋根や壁まで完成させます。一日でここまで出来るのかとびっくりするところまでマイホームの骨組みを作り上げます。シンプルな設計という部分も工期が短くなる秘訣です。ローコスト住宅は真四角や長方形のシンプルな設計や単純な設計が多いので工事が簡単です。私が購入したローコスト住宅メーカーは約2か月で着工から完成となりました。この早さが人件費を安くするそして坪単価や販売価格を安くする秘訣だと思います。
※マイホームを建てた後に間取りをもっと工夫すればよかったとか便利な設備をつけておけば良かった等の後悔話をよく耳にします。この様な後悔が発生する理由ははっきり言ってリサーチ不足です。簡単に説明すると満足できる家を作るために努力が足らなかったという事です。では、満足できる家を作るためにどうしたらいいのかというと出来るだけ多くのローコスト住宅メーカーの間取りや設備等を研究する事です。そしてそのいい部分を集結してマイホーム作りをすると満足できる家を作る事が出来ます。その作業を効率よくする為に家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】 を利用すると便利です。このサービスは1000社以上の中から自分の希望する条件にあった住宅メーカーの資料を一括で取り寄せる事が出来るサービスでありがたい事に全て無料です。坪単価等価格を比較する資料も取り寄せれるのでローコスト住宅メーカー選びにも有効に使えます。このサービスを利用して後悔しない家つくりをして下さい。

工期が短く人件費が安いのも要因の一つ

資材や設備の大量発注もコストを下げる大きな要因となっています。ローコスト住宅は一棟当たりの利益が高級住宅メーカーの一棟当たりの利益よりかなり少ないのでたくさんのローコスト住宅を販売しないと多くの利益を確保できません。よって高級住宅メーカーより販売棟数多いので資材や設備の大量発注が可能となり、その分仕入れ価格を下げることが出来ます。そしてキッチンやトイレや洗面化粧台や風呂等の設備の選択肢が少ないことも大量発注を可能とする要因の一つです。設備の選択肢が少ないのはローコスト住宅のデメリットですが、同じ設備については当然高級住宅メーカーよりも仕入れ価格が安いので安い価格で設置できます。社員や下請け業者や大工の人件費が安いのもローコスト住宅の特徴です。この点は高級住宅メーカーと比較すると社員の質が明らかに低いです。接客や応対の満足度はかなり差があると思っておいた方が良いでしょう。(当たり外れはあるものの高級住宅メーカーの方が断然従業員の質が高いです。高い給与や給料を支払ってくれる会社に優秀な人材が集まる事は当然ですのでこれは仕方ないことです。)下請け業者や大工も大手住宅メーカーと比較すると質が低くなるケースが多いです。この点は給与や下請け価格が安いのでしょうがいない部分です。

高級住宅と価格の差ほど品質の差はない

先ほども説明しましたが、一棟当たりの利益が少ないのもローコスト住宅メーカーの特徴です。薄利多売という事ですね。私がマイホームを購入したメーカーで外構工事の下請け業者と話をした時のぶっちゃけな話ですが、私が利用したローコスト住宅メーカーはこの下請け業者が出した見積書に3%の利益をのせるだけなのですが、高級住宅メーカーは20%利益をのせて見積書を出すそうです。同じ工事なのにローコスト住宅メーカーと高級住宅メーカーの違いだけで中間マージンの差がこんなにも大きいという事です。高級住宅メーカーの従業員の1000万円から2000万円等高い年収や給与を支払う為に高い価格で売って利益を上げることは必然なのでこの結果は当然といえば当然ということになります。ここまで説明すると高級住宅とローコスト住宅の品質の差は価格の差ほどないという事が分かります。どっちがお得かは皆さんそれぞれの感性によって異なると思いますが私は断然ローコスト住宅メーカーをお勧めします。